シンプルな不倫恋愛心理テクニック!愛され体質になれるアシュレイマディソンの素敵なキャンペーン!!

一つ、分かりやすく例を挙げてみましょう。
既婚者が男性で、独身の方が女性だったとします。
既婚者が別れを告げるとき、相手の気持ちを考えているのでしょうか。
結局は自分は二番で、奥さんには勝てないという現実に対する敗北感と向き合わなければいけません。
不倫を非現実とするのなら、不倫の最後は現実に帰ってくることなのです。
不倫は、奥さんのことを蚊帳の外に出し、騙し、傷付けています。
もちろんかなわぬ恋です。
それらを棚に上げ、自分だけ美味しいとこ取りするのが不倫なのです。
しかし最後は自分にツケが回ってくる……それが不倫です。
アシュレイマディソン 退会を知りたい方はコチラから!
最後を迎えたとき、既婚者の男は「遊びだった」と言うでしょう。
何かしら言い訳をするかもしれませんし、オブラートに包むかもしれませんが、結局はそういうことを言っているのです。
これにより、女は、夫婦間をつなぎとめるのは愛情だけでなく、様々なものがこんがらがっているのだと目の前に叩き付けられます。
男は自分が大事なので、何らかの言葉を言うなり、行動に起こすなりして清算をしようとするでしょう。
不倫相手の女からすれば、夫婦間のしがらみなど知りません。
奥さんとすっぱり別れ、自分の方に向いてくれればそれでいいのです。
結局は互いに身勝手な行動や言動をとることによって、取り返しのつかない事態におちいるのです。
どんなに優しくても、奥さんと別れると言っても、結局は奥さんの方へ帰っていく。
不倫をする男は、たいていそうするものです。
必ず誰かが傷付くのです。
恋愛には様々な形がありますが、最も重たく、人を不幸にするのが不倫なのです。